ロボット教室は口コミ人気急上昇中!人気No.1の教室はココ!

2020年に小学校でプログラミング教育が必修化されることになり、子供へのIT教育がどんどん進んできています。

そんな中、子供の習い事として人気急上昇しているのが、ロボット教室です。

ロボット教室って?

ロボット教室は主に、ロボットの組み立てや仕組みを学び、レベルが高いクラスではプログラミングを使ってロボットを制御することも学びます。

ロボット教室ではロボットやプログラミングの知識だけでなく、

発想力、空間認識能力、継続力、集中力、目標達成力、競争力、プレゼンテーション能力など、様々な知識が身に付くすごく魅力的な習い事です。

人気上昇に伴い、さまざまロボット教室が全国各地で増えてきています。

プログラミング教室は小学生からしか学べないところが多いのですが、ロボット教室は幼児から通える教室が大半を占めます。

幼児の頃から「自分のオリジナルのロボットを作る」「試行錯誤しながらロボットを動かく仕組みを考える」という経験を重ねることにより、論理的な思考が身に付くうえに、空間認識能力が高まって右脳が活性化されます。

人気のあるロボット教室はどこ?

ロボット教室は全国にたくさんあり、それぞれアピールポイントも異なります。

人気のあるロボット教室をいくつか紹介します。

ヒューマンアカデミーロボット教室【人気No.1】

ヒューマンアカデミーロボット教室

初期費用 入会金:10,800円
ロボット代:30,780円
月謝 授業料:9,720円
テキスト代:540円
対象年齢 5歳から
無料体験 あり

ヒューマンアカデミーロボット教室は、日本最大級のロボット教室で、全国に教室が1,100以上あります。

対象年齢が5歳から中学生までと幅広く、年齢とレベルに合わせたコースが豊富にあります。

ヒューマンアカデミーロボット教室の強みは、費用の安さです。

入会時にロボットキットを購入しければならない教室が多く、ロボットキットの価格が高額です。

有名なレゴのロボットキットを使用する教室では、ロボットキット代だけで6万円を超えるところもあります。

ヒューマンアカデミーロボット教室では、有名なロボットクリエイターが監修したオリジナルロボットを使用することで、ロボットキット代を抑えることができています。

ヒューマンアカデミーロボットキット

このオリジナルロボットキットはとてもレベルが高く、さまざまなロボットを作り出すことができます。

幼児コースから小学生コースまで最長4年間、この1つのロボットキットだけを使用して学ぶことができるんです。

レベルが上がるごとに追加キットを購入する必要がある教室が多い中、ヒューマンアカデミーロボット教室のロボットキットとプログラムは本当に良く考えて作られています。

月々の月謝も1万円ほどなので、通いやすいですね。

全国各地に教室があるので、お家の近くの教室を探しやすいというメリットもあります。

ヒューマンアカデミーロボット教室OBにはすごいロボット博士も!

2018年6月7日(木)にフジテレビ「めざましテレビ」の『キラビト!』に、
ヒューマンアカデミーロボット教室OBの鳥山樹さんが出演しました。

ヒューマンアカデミーロボット教室OB

鳥山さんは、第1回ロボプロ全国大会のMVPを受賞した生徒さんです。
ヒューマンアカデミーロボット教室で学んだことを発展させて、今でも常に素晴らしい作品を作り続けています。

鳥山さんの作ったロボットの動画があります。
すごいですね!

ヒューマンアカデミーロボット教室は全国大会も話題

ヒューマンアカデミーロボット教室では、毎年夏に、東京大学で全国大会が実施されています。

ヒューマンアカデミーロボット教室全国大会

2018年は8月25日に開催されます。

ロボット教室全国大会は、地区予選で勝ち抜いた優秀な生徒さんだけが出場できる、とてもレベルの高い大会になっています。

全国大会に出場することは、ヒューマンアカデミーロボット教室に通う生徒さんの大きな目標です。

ロボット大会よりもさらに上の年齢の生徒さんが出場できる「ロボプロ大会」も昨年から開催されるようになりました。

ロボプロ全国大会

予選を勝ち抜いた、12歳~17歳の総勢15名の生徒さんたちが戦いを繰り広げました。

MVP受賞者は、先程紹介した鳥山樹さんです。

ロボプロ大会MVP

ヒューマンアカデミーロボット教室は費用面、内容面から見ても、かなり魅力的なロボット教室であることが分かりますね。

ヒューマンアカデミーロボット教室では、随時無料体験を実施しているので、一度参加してみるとよいでしょう。

リタリコワンダー

リタリコワンダー

初期費用 入会金:16,200円
ロボット代:約60,000円
月謝 約12,000円~20,000円(別途教材費が必要)
対象年齢 年長から
無料体験 あり

LITALICOワンダーは、テクノロジーを活かしたものづくりを通して、子どもの個性に合わせ、創造力を育むロボット教室です。

リタリコワンダーには、ロボット製作を行うコースのほかに、ゲーム&アプリケーションを作るコースや、

3Dプリンタやレーザーカッターなどのデジタル工作機器を使い、ものづくりを行うコースがあります。

ロボット製作を行うのは

  • 年長から小学3年生までの「ロボットクリエイトコース」
  • 小学3年生から高校生までの「ロボットテクニカルコース」

に分かれています。

リタリコワンダーでは、レゴのロボットキットを使用して学習します。

ロボットクリエイトコースで使用するのは、レゴエデュケーションやWeDoソフトウェアという教材。

リタリコワンダーレゴ

レゴの教材は世界標準なのでとても良くできています。

キットの価格が高額なので、初期費用が高くなってしまいますね。
コースが上がると別のレゴキットを追加で購入する必要があります。

リタリコワンダーのサマーラボが人気

リタリコワンダーでは、夏に「サマーラボ」というイベントが行われます。

リタリコワンダーサマーラボ

2018年は7月14日~9月2日までとなっています。

自由工作の授業があったり、

サマーラボ1

ロボットプログラミングの授業もあります。

サマーラボ2

単発授業ですが、教室の雰囲気が分かって良いですね。

リタリコワンダーでも随時無料体験を実施しているので、体験してみるとよいでしょう。

アーテックエジソンアカデミー

アーテックエジソンアカデミー

初期費用 入会金:約10,000円
ロボット代:約40,000円
月謝 10,000円~15,000円
対象年齢 9歳(4年生)から
無料体験 あり


アーテックエジソンアカデミーは、ロボットの組み立てと、プログラミングを同時に学ぶロボット教室です。

対象年齢が9歳から。

初めからロボット製作とプログラミングの両方を学習するカリキュラムになっています。

幼児向けのロボット教室ではなく、小学生向けのロボット&プログラミング教室ですね。

アーテックエジソンアカデミーでは、「アーテックロボット」というオリジナルのロボットキットを使用して学びます。

アーテックブロック

アーテックブロックはタテ・ヨコ・ナナメに簡単に接続できるブロックで、複雑なロボットも簡単に作ることができます。

アーテックエジソンアカデミーでは、信号機や自動車などの身近なものや、ゲームを作成するテーマも用意されていて、授業内容が面白いです。

アーテック授業内容

アーテックエジソンアカデミーでも随時無料体験が実施されています。

クレファス

クレファス

初期費用 入会金:16,200円
ロボット代:約56,160円
月謝 約15,000円
対象年齢 年長から
無料体験 あり

クレファスは、ロボット製作を通じて子供たちの好奇心を引き出し、高度な理数系の知識を楽しみながら学べるカリキュラムを追及している本格的なロボット教室です。

基礎から応用まで目的にあわせて学べるよう、12のコースが用意されています。

クレファスの対象年齢は「年長から」となっていますが、年長のベーシックコースが受けられる教室は限られているため、事前に確認が必要になります。

クレファスベーシックコース

クレファスは、リタリコワンダーと同じく、レゴのロボットキットを使用します。

クレファス教材レゴ

ロボットキットが高額になってしまうのと、コースが上がると追加キットの購入が必要になるので注意しましょう。

クレファスの一番レベルの高い「Crefusコース SS」では、ロボットアームの構造と制御について学習し、PID制御を用いたプログラムにも挑戦します。

クレファスSSコース

かなりレベルの高いロボット制御を学ぶことができますね!

クレファスのサマースクールも人気!

クレファスサマースクール

クレファスでは夏期プレスクールがあり、とても人気があります。

親子で参加するロボットキャンプや、星空キャンプ、1日だけの実験イベントなど、たくさんのプログラムがあります。

無料体験も随時実施しているので、チェックしてみましょう。

まとめ

人気の高いロボット教室に絞って紹介しました。

教室によって、学ぶ内容や特徴が異なるので、気になる教室の無料体験に参加してお子さまにピッタリのロボット教室を探してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする